有限会社 工藤建設興業
(本社)
〒779-3205
徳島県名西郡石井町高原字東高原111番地1
TEL.088-635-5005
FAX.088-635-5008
 
(関東営業所)
〒210-001
神奈川県川崎市川崎区元木1丁目3-12
TEL.044-201-7335
FAX.044-201-7888
009684
 

スタッフBLOG

 

工藤建設興業のスタッフブログ

工藤建設興業のスタッフブログ
フォーム
 
フードファイター
2019-11-30

マンガ盛り

 徳島市内の、とある定食屋さんのメニューに「ご飯マンガ盛り」というのがあるんだそうです。実物は見たことが無い(つーか、お店にも行った事が無い)のですが、この間知合いの人が写真を送ってくれました。

 

 もちろん食べたのは写真を送った「本人」なのですが、この人決して太っているワケではなく、むしろ筋肉質のガッチリ体型。徳島マラソンにも出場歴のある30代後半の男性です。

 

 

 

 

 

 

 

すき家の「牛丼キング」

 その彼が最近送ってきた画像がコチラ。すき家の「牛丼キング」なる代物だそうでして、私が調べたデータによりますと、ご飯の量が「並」の260gに対して780g、お肉の量が85gに対し510g、カロリーが733Kcalに対して2200~2900Kcalとの事でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牛丼キング完食 スゴいですねえ、見事に完食してますわ。以前彼と一緒に高松市内で「うどん」を食べたことがあるのですが(行ったのはセルフうどんのお店)彼は、かけうどんの大(うどん3玉)とご飯の大を注文し、それをペロッと平らげた直後更に「かけうどんの大」をお代わりして平気な顔をしておりましたから、まあ「さもありなん」という感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

南国SAのカツカレー

 次の画像はネット上で拾ったものですが、これは高知自動車道南国サービスエリア(上り線)のレストランエリエールにある「おおきなカツカレー」です。「マンガ盛り」やら「牛丼キング」を制覇した「彼」ならこれもイケるのではないかと思ったのですが本人曰く「これは無理」。

 量を調べてみますとご飯1kg、カレー1kgで通常の約4人分との事ですよ。これ、牛丼キングよりかなり多い…。実はこの一品、彼は友達と二人がかりで食べた事はあるのだそうです。

 しかしねえ、「マンガ盛り」食った直後に「牛丼キング」を平らげ、続けざまに「おおきなカツカレー」をやっつけてから何かデザートを頬張るぐらいでなきゃフードファイターには成れんぞ、と言うと

 

 

 

「そんな気はさらさら無い」

 

 

…そりゃそうだろうねえ。

 

 
TETSU-1グランプリ番外篇
2019-11-28
 11月25日付「工藤建設興業からのお知らせ」のページで第3回全国鉄筋技能大会、通称TETSU-1グランプリの模様を紹介しました。この場をお借りして徳島県鉄筋工事業協同組合代表として出場した岩金賢治選手の他、応援団として工藤伸二理事長、岸洋司副理事長ご夫妻、岩野巨城副理事長、岡田強志専務理事の他、弊社からは第2回大会出場の喜多晋氏以下2名の合計9人がマイクロバスで会場となる富士教育訓練センターへ向かいました。申し遅れましたがこの場をお借りして、岩金選手の健闘を称えたいと思います。
 
 などと一見殊勝、と思えるようなことを言いつつも実は応援団の人達は、岩金さんの出番が終わると結果発表~閉会式まではこれと言ってやるべきこともなかったので、「ミニ観光ツアー」を実施いたしました。即ち、昼食にご当地の名物「富士宮焼きそば」を食べて、会場の近くにある「白糸の滝」を見に行こうという魂胆です。
 
 富士宮焼きそばは、「B級グルメ」の日本一を決める「B-1グランプリ」で第1回と第2回大会を連覇したメニューです。まさに「TETSU-1」の応援をした後で食べるのに相応しい一品ですね。我々が行ったのは「五平茶屋」というお店で、その名の通り「五平餅」も人気商品だったので注文しました。
 
 昼食後に向かったのは名勝「白糸の滝」。到着直後に富士山をバックに記念撮影。駐車場の管理人の方が「今日の富士山は特に綺麗」と仰ってましたが、この後間もなく雲に隠れてしまいます。褒められて照れたのでしょうかねえ。などとまあ出場選手の気苦労とは無関係に、楽しませて頂きました。岩金さんゴメンナサイ。
 
 
 
ブラックフライデー
2019-11-22
 聞くところによりますと来週29日の金曜日は「ブラックフライデー」なのだそうです。私のイメージ的には「ブラック+曜日」と言えば「ブラックマンデー」が連想されるのですが、コチラは1987年10月に起こった世界的な株価大暴落。警察用語でも犯人の事を「クロ(黒)」と言ったりするように、兎角「ブラック」や「黒」にはあまりよろしくない印象が付き纏います。会社の経営者や管理職の方々などは世間から「ブラック企業」などと後ろ指を指されることの無いよう日々ご尽力なさっていることとお察しいたします。
 
 ところがこの「ブラックフライデー」はアメリカで感謝祭(Thanksgiving)の翌日の大規模な安売りセールで小売店が繁盛することから「黒字の金曜日」の意味合いで名付けられたもので、決してマイナスイメージの話ではないようです。日本では商人と言えば「儲かりまっか?」と問われても「ボチボチでんな」とか「サッパリですわ」などと実際には儲かっていてもあまり口には出さないものですが、国が変わると「黒字」と声を大にして憚らないものかと思ったりもします。
 
 一方ブラックではなく「フライデー」の方に着目すると真っ先に思い浮かぶのが「某写真週刊誌」ですが、有名人でもなくスキャンダルにも縁のない私には全く関係ございません。もうひとつ近年耳にするようになったのが「プレミアムフライデー」。最初はビールのSトリー「モルツ」に対する「プレミアムモルツ」のような、「某写真週刊誌の豪華版」が出版されたのかと思いましたがさに非ず。毎週月末金曜日(フライデー)に、普段よりも豊かな生活を推奨し個人消費を喚起するという、ワケのワカランキャンペーンの事でした。
 
 いずれにしても私のような貧乏暇なしの人間には、ブラックフライデーで沢山買い物する事も、金曜日(平日ですやん)に普段より豊かな生活とか、ほとんど縁のない世界の話ではありますが。
 
 
パラドックス
2019-11-11
  東京体育館で開催されておりました卓球ワールドカップ団体戦。男子は準決勝で中国に敗れて3位。決勝に進んだ女子も中国に優勝を阻まれてしまいました、惜しい。
 
 敗れたとはいえ日本の伊藤美誠選手は、中国にとってはかなりの脅威なのでしょう、彼の地のメディアからは「大魔王」と呼ばれてしまうほど…。その上、伊藤選手にプレースタイルを似せた「コピー選手」まで育成して妥当大魔王に励んでいるのだとか。
 
 ふむふむ、「中国キラー」と言われるほど強い伊藤選手のコピー選手を育て上げて、その人を相手に練習を…、そんなことよりその、
 
コピー選手を試合に出した方が強いんでないかい?
 
 
ランタナ
2019-11-09
 またまた会社の近くで撮った画像をネタにしてお茶を濁そうという魂胆です。開花期は5月から10月という事のようですが、11月に入ってもまだ咲いています。とは言え既に黒く色づいた実と花が混在しており、そろそろ時期も終わりかなという感じはしておりますが。
 
 元々日本にあったものでなく、南米の方からやって来たんだそうです。まあ何というか、醸し出されるエキゾチックな雰囲気は、いかにもラテンアメリカを連想させてくれます。ドミニカやコロンビアに起源を持つものがブラジルの影響の下で変化していき、南米のいくつかの要素が混ざり合って1980年代後半に世界的に有名になったと言われております。男女のペアで密着度が高く、くねくねと腰を動かして片足を相手の股の間に入れて擦り合わせたりするエロチックなパフォーマンスが話題となり、それ用の楽曲を日本では石井明美さんがカバーし…
 
 
 
 
 
それは ランバダ!!
 
 
1
<<有限会社工藤建設興業>> 〒779-3205 徳島県名西郡石井町高原字東高原111番地1 TEL:088-635-5005 FAX:088-635-5008